RSS
Admin
Archives

トヨテック営業keiのブログ

トヨテック営業keiが徒然なるままに綴る日記です。

プロフィール

トヨテック

Author:トヨテック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07
30
Category : 未分類
暑い。毎日本当に暑い。
太陽にも省エネを強要すべきだ。
なんて馬鹿なことを思いながらビールを飲んでいた。

その時のつまみはから揚げだっただろうか。
何だったかはともかく、温めた方がおいしそうなものだった。
しかし電子レンジで温めたそれはあまりおいしくなかった。
単純に、暑い中で熱いものを見て食欲がなくなったのだ・・・。
やっぱり暑い中では冷えたものがいい。

なんてことを思いながら、またビールを飲んだ。

「んっ、待てよ。」
ここで一つ引っ掛かるものが。

瞬間的に温めるもの・電子レンジは一般的なのに、
瞬間的に冷やすものはない。
冷凍庫はあるけど、瞬間的ではない。

1分間で水が沸騰する電子レンジのように、
1分間で水が氷に変わる装置があったらなぁ・・・。

俺が世に広めて億万長者になる!
そんな風に、より熱くなった夜でした。。。。
スポンサーサイト
2010.07
23
Category : 未分類
いや~時が経つのは早い!
前回のブログから約1ヶ月・・・。
継続するってのは相変わらず難しい。

この1ヶ月ホンット展示会の嵐だった。。。
日本写真文化協会の展示会から始まり、
PhotoNEXT2010、InterFex、オフィスセキュリティ展、販促EXPO、
自治体フェア、そして極めつけがPrimedex 2010。。。
写真/印刷関係、環境関係共にかなりの精力的活動。

効果はそれなりに出てるが、正直こんなもんじゃ全然納得いかない。
ものによって売れていくスピードや量は違うけど、
まだ何一つとして満足させてもらってない。

UV液体ラミネーターにしろ、アルバムにしろ、
大した奴らがたくさん集まってるんだ。
一緒に世間をあっと言わせてやろうじゃないの(笑)。
2010.06
30
Category : 未分類
お疲れ様でした~!
Photo NEXT 2010の撤収作業、
今をもってすべて無事に終了しました!
暑い中みんな本当にご苦労様でした

想像以上にアルバム・製本機関係・UVラミネーターに力を入れている会社が多かった。
差別化が非常に難しい状況ではあったものの、弊社の色はきちんと見せられたんじゃないかと思う。

「TOYOTECの機械は相変わらず一手間加えているね」
「アルバムも細かい要望に応えてくれるんだね」
「自分達の仕事をトータル的に見て提案してくれる」

そういう嬉しい声を頂くと、「よっしゃ!もっと頑張ろ!」って気持ちになります(笑)。
本当にありがたい限りです。

会場で購入を決めて頂いた方はもちろん、
ブースに立ち寄って下さった方、古くから付き合って下さっている方、
本当にありがとうございました。
心から御礼申し上げます。

これからのトヨテックも楽しみにしてて下さい
2010.06
28
Category : 未分類
明日からいよいよPhoto NEXT 2010が開催です。
社長、専務、社員、パートさん、
みんなに無理言って土・日返上で進めてきた展示会です。

絶対実のある展示会にしてやります!!!
2010.06
24
Category : 未分類
(社)日本写真文化協会の定期総会・展示会に弊社のアルバムを出展してきた。
石川県は能登半島、和倉温泉にある「加賀屋」さんが会場だ。
メインが総会だったということもあり、展示会場への来場者はボチボチという感じだった

正直、時間と費用をかけたわりには・・・という気持ちが強かったのだが、
それを補う位今回の石川出張はいい経験だったと個人的には思う。
それは、加賀屋さんという『一流』の旅館に触れることが出来たからだ


スタッフの方々の接客はもちろん、建築物としての旅館自体の美しさ、
店内装飾・伝統工芸のディスプレイのセンス、
それらがとても居心地の良い空間を創り出していた

いわゆる『和テイスト』なのだが、
「伝統を大切にしましょう!」という説教くささや、
「This is Japanese art!」というようなわざとらしさがない(笑)。


館内を歩いていると、旅館にいるという感じではなく、
美術館を回っているような、また、京町を散歩しているような、
はたまた、加賀屋という国に遊びに来たような、そんな初めての感覚がとても新鮮だった

個人的な視点で見た加賀屋さんは、浅草より洗練されていて、京都より澄ましてない。
箱根の温泉より高級感があり、道後温泉より主張が激しくないという感じ(笑)。
そういう点が日本人にとっては、ちょうどいいのかもしれない。


電話ボックス内のメモ帳・鉛筆には加賀友禅の織物が巻かれていて、
細かいところまでこだわってるなぁと脱帽。
こういう『とどめの一発』の感動を与えられるところが一流なのかもしれない



Kagaya 004
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。